歯茎を切らないデジタルインプラント

東京ビアンコデンタルクリニック

デジタルインプラントとは?

Guided(ガイデッド)インプラント

デジタルインプラントはインプラント治療の経験が豊富なドクターでも難しいとされるような症例でもデジタル解析技術によって簡単にインプラント治療をおこなうことが可能となります。
歯科用のCT診断画像を元にコンピュータ上でインプラント治療をシミュレーションし、専用に作成されたガイドによって正確にかつ簡単にインプラントを埋入することができます。

デジタルインプラントは歯茎を切らずにインプラントを埋入できるので、治療の安全性も格段に高まります。

デジタルインプラント費用(片顎 料金)

検査(CT撮影含む):48,000円
インプラント(デジタルガイド+本体+土台+各手術料+薬代):288,000円
オールジルコニア上部歯:118,000円(チタンメタル土台)
ジルコニア・セラミック上部歯:178,000円(ジルコニア土台)

デジタルインプラントの特徴

歯茎を切らない
デジタルインプラントでは歯茎を切らないため次のようなメリットがあります。

①出血や腫れ、痛みが少ない。
歯茎を切らないデジタルインプラントは非常に出血が少なく歯周組織へのダメージが少ないので、治療後の腫れも少なく、痛みも少なくて済みます。

②短時間
歯茎の切開・縫合がないので、手術時間が1本あたり約10分と短時間でインプラントを入れることができます。

③感染しにくい。
インプラントを入れる骨の部分が外部に口腔内に露出することが少なく、感染のリスクも少なくて済みます。

④歯茎の状態を保存できる。
歯茎へのダメージが少なくインプラントを入れた後に歯茎が下がってインプラント本体が歯茎から露出するリスクが下がります。
難しい症例も簡単に
デジタルインプラントはCT診断画像をもとに専用のコンピューター・ソフトを使用してインプラントのシミュレーションをおこない、そのシミュレーション通り正確にインプラントを簡単に入れることができます。
一般的には難しいとされる症例でも比較的簡単にインプラント治療をおこなうことが可能になりました。

安全性が高まります
デジタルインプラントはコンピュータによるデジタル解析で3Dシミュレーションし、そのシミュレーション通り正確にインプラントを入れるためのサージカルガイドを使用します。
シミュレーションとの誤差は最大で1mmと極めて正確であり、血管や神経から2mm以上避けるようにシミュレーションをおこないます。

オーバーデンチャー、All on 4にも対応

オーバーデンチャーやオール・オン4、オール・オン6は、4本または6本のインプラント体で12歯または14歯を支える、総入歯に替わるインプラント治療です。
血管や神経、鼻腔や上顎洞を避ける必要があるために、インプラントを埋入する位置や角度が特殊でかなりの正確性が要求されます。
オーバーデンチャーやオール・オン4、オール・オン6といったインプラント治療はサージカルガイドを用いてピンポイントでインプラントを埋入する必要があるのです。

デンタルローン

DENTAL ROAN

インプラント治療を
安心して始めるために

−デンタルローンについて−

インプラント治療を受けるか悩まれていた方も
当院なら安心して受けていただけます。

各種クレジットカードでのお支払が可能です
  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMEICAN EXPRESS
  • Diners Club
オリコWebデンタルクレジット・ローン

分割でのお支払で安心です。
詳しくはこちらへ > > >

ストローマン・インプラント

インプラント 料金表